お客様の声

「首の痛み、体重も−5kg落ちました」

 

 

28.jpg

 

 

肥満と頚椎の痛みに悩まされ、医者から「痩せる事が一番」と再三に言われていました。

わかっていながら、なかなか思い通りにいかず、なかば諦めの気分でおりました。
そんな時に、原口トレーナーに出会い、半信半疑で説明を聞き、一応3ヶ月の目安で、お願い致しました。


週に1回、食事の指導、体の調整、筋トレ等の指導を受け、家では、朝、夜と体重形に乗り、一喜一憂しながら無理のない気楽な気持ちで始めました。
もともと、運動嫌いな私でしたが、原口トレーナーの専門的な指導と、真面目さに勇気づけれて、続けることができました。


3ヶ月後、首の痛みもとれ、体重も5kg減り、体脂肪率も4%落ち、腰周り、お腹周りが少しずつ締まってきた感じで、
昔のはけなかったズボンがはけるようになりました。


今では「あと少し頑張ってみよう」と意欲も出てきました。
原口トレーナーにめぐり会えてことに感謝しています。

 

 

 

 

 

 「腰痛、首痛が改善、ゴルフの飛距離も伸びました」

 

121.jpg

 

 

『3ケ月で佐藤さんの体を変えて見せますよ。』

 

この言葉が私を決断させました。

 

昨年の11月のことです。

 

それまで私は月に1~2回ゴルフをしていましたが、ゴルフのあと首や腰が痛く回復に約一週間かかっていました。そして4ケ月に1回くらいはぎっくり腰状態になって、ゴルフはお休みし、約1ケ月整形外科と整骨院で治療をする毎日でした。

 

 

そのような体ですので筋力トレーニングなど全くやっておりませんでした。


そのうちだんだんとクラブが重くなって、飛距離が落ちてくるのがわかりました。

私の場合、アイアンでワンクラブ、ドライバーで約20ヤード落ちました。

 

 それに比例するようにスコアも悪くなっていきました。

『ああ今年で53歳だし、みんな50歳からあちこちが痛くなって、飛ばなくなると言うし、そろそろ俺もその仲間入りかなあ・・・・』

 

と、思いつつも、このままじゃいかん何とかせねば。

そこで先輩が昔言っていた、『筋力をつけて痛いところをカバーしてやれば痛みはなくなる。これを逆療法と言うんだ』と

言う言葉を信じて、一念発起してスポーツジムにいって、自分でウエートトレーニングを始めました。

 


ところがたちまち腰痛が再発してしまい、治療に逆戻りしました。

 

 アスリートゴルファーを自認してきたものの、このままではリハビリゴルファーになってしまう。このような希望の光が見出せない不安な日々を過ごしておりました。

 

そんなとき、たまたま原口トレーナーのお試し無料体験があるとの情報を聞きつけ、『まあ無料だし、ダメモトで、うまく行けばもうけもん』、と思って早速申し込みました。

平成19年11月25日、約一時間、体のチェックから調整、そしてトレーニングを数種類指導していただきました。そのときの感想は、

 

 

『あら不思議、同じようなトレーニングをしたのに体が痛くない』

 


 『原口さん、不思議ですね。体が痛くないんですが。』
『体を調整してバランスをとってからトレーニングしてもらっていますから。』
『へーそうなんだ。』

 

そこで出たのが冒頭の言葉。

 

 

『3ケ月で佐藤さんの体を変えて見せますよ。』

 

 

ほんとうかしらと思いつつも、直ればもうけものと思って、その言葉を信じて早速トレーナー契約をし、昨年の12月から本格的にトレーニングを始めました。

 

毎回毎回、体の状態チェック、調整、トレーニング、ストレッチング、と根気良くトレーニングしてゆきました。

 

 

自分ひとりでやるのと一番違うのは、体の特徴を把握して、体の歪みを調整して、そして筋力バランスをとりながら、トレーニングメニューを組んでくれているところです。

 


自分では自分の特徴も把握できませんし、ついつい知っている、好きなトレーニングばかりやってしまいます。そうすると余計バランスが崩れる。そういうことだったのか、と最近気づきました。

 

ということで3ケ月が経ちました。私の体はどう変わったでしょうか?

 

1. 腰痛:なくなりました。ゴルフの後でもほとんど出ません。


2. 首の痛み:少なくなりました。稼動域が広くなり、肩が顎の下に軽く入ります。


3. 飛距離:前より出るようになりました。


4. クラブ:ずっと軽く感じるようになりました。


5. スコアー:ぐっと良くなりました。2月にはハーフ35が出てしまいました。

 


 
原口さんは私の弱点である後ろの筋肉を徹底して鍛えてくれています。

 

彼は『前の硬い筋肉をやわらかくするのは後ろの筋肉の強さ』、と言います。お尻のトレーニング、レッグカール、ボート漕ぎ、など今でも私の中心メニューです。そしてワイドスクワットと足回し、これで股関節を柔らかくし、内転筋を鍛える。

 

このトレーニングで、アドレスの姿勢が良くなり、どっしりと構えることができるようになりました。

そして前傾姿勢がきちんと取れるようになりました。

 

 

また、クラブが軽く感じるので余裕をもって振ることができ、バランスがいいのでラウンド後半でも全く足腰が疲れず、最後までしっかりとクラブを振ることができる。

 

 

このように本当に私の体は3ケ月で変わってしまいました。

 

 

今でも原口さんに体を見てもらっており、次はオフィシャルのシングルプレーヤー入りを目標としています。さらには以前から夢であった、トライアスロンの完走ももしかしたら実現できるのではないかと思えるようになって来ました。

 

 本当に原口さんには感謝しております。

 

 

 

 

 

 

「腰痛改善、登山も楽になりました」

 

35.jpg

 

 

 

更年期に腰の違和感が出始め、60歳を過ぎて、骨盤調整と鍼灸治療を週2回のペースで1年半続けていました。

 


しかし、腰の違和感は取れず、知り合い経由で原口トレーナーを紹介してもらいました。


体験トレーニングを受けてみたのですが、全然体に負担がなく、トレーニング後は体が軽くなる感じで気持ちよかったです。

 


月2回のパーソナルトレーニングを受け、それ以外は自宅用のメニューを行い、3か月もすると、腰の違和感もなくなりました。

 


主人が山歩きが好きなので、半年たって、1時間コースを歩いてみたら、全然疲れがでなく嬉しいばかりです。
これからも、トレーニングを頑張っていきます

 

 

 

 

 

 

 「プロゴルファーにも必要なケア、トレーニングでした」

 

 

122.jpg

 (プロゴルファー)

 

 

2000年3月、42歳で現役競技生活に別れを告げて、

東京に居を移してからは日常生活が一変して体を動かすことが極端に減り、

現役時代に抱えていた首、肩の痛みも治まりました。

 

 

ところが半年過ぎた頃、久し振りにゴルフをプレーしているとき腰に違和感を感じ、

 

3,4日安静にしていると痛みは消えましたがそれ以来、日常的に腰が重く徐々に神経痛の様な状態が足首まで繋がっていき、

 

ここ3年ぐらいは日常生活でも痛みが強くてつらい毎日を送っていました。

 

昨年末、知人の紹介で原口さんと知り合い10年ぶりにトレーニングを再開。

1,2回のペースで約2ヵ月後には体が若干軽く感じられベルトの穴が2つ縮まり
うれしい限りです。

 


日常的に感じていた下半身の違和感と痛みが改善され、久し振りにラウンドするのが楽しくなりました。

 

我々の気持ちを理解し熱心に指導してくれる原口さんのトレーニングは体に負担が少なく、

 

効率が良く現役時代実施していたものと違いは明らかでこの程度で本当に大丈夫?

と感じるものですが体の変化は実に早く効果を体感しています。

 

幸いゴルフ界にはシニアツアーが開催されており、まだまだリハビリの領域での
トレーニングですが継続的に実施して健康な体を取り戻し、

体の故障で諦めた競技生活に再び復帰を目標に希望を持ってこれからも頑張りたいですね。

 

 

 

 

 

「痛みもなくなり、キレが戻り、居合6段にも合格できました」

 

123.jpg

 

 

 

私は5月が来ると73歳になりますがお陰様で元気にゴルフ、居合道の稽古そして海外旅行を楽しんでいます。
然し乍らこんな日々が再びやって来るとは5,6年前には夢にも思わなかったのです。

 


と言うのは、63歳頃から肩が痛くなり医者に行ったのですが、所謂「五十肩」と診断され

 

どんどん使いなさいとのご宣託だったので注射をしながらゴルフや居合道を続けていました。

 


しかし、依然として治癒せず益々悪化し痛みで夜も寝られなくなり、精密検査を何回となく受けました。

 

はっきりしないので医者を代えてやっと「右肩腱板損傷」、即手術でした。

 

 

そして1年半後に同じく左肩を手術し、何とかゴルフや居合道に復帰したのですが、

 

今度は道場で稽古中に右膝の半月板を痛めてしまい、又手術をし、入院しました。

 


その入院中に手術した右肩に違和感があるので精密検査をし、不具合と痛みが出てきたので再度の手術をしました。

 

足掛け5年間に4度も手術をしたので、もうこれではおとなしく「お爺さん」をするしかないのかなと思っていましたが、

リハビリを指導してくださる物理療法士の励ましと、このままで終わって堪るかとの思いでもう一度花を咲かせてみようと必死で頑張りました。

 

 

通院しなくてもジムに通い自分なりのリハビリを続けていた時に、渡りに舟とばかりに高等学校の後輩から原口氏を紹介されたのです。

「侍トレーナー」のネーミングが気に入り、彼の爽やかな人柄と深い知識と指導力に魅せられ以来ご指導を頂いております。

 

 

お陰様で昨年11月の全日本剣道連盟の審査会に臨み居合道六段に合格(236人中30人、神奈川県で2人)することが出来ました。

 

身体に所謂「キレ」が戻ってきたように思っています。

 

 

 

次は、昨年から暖かくなったらゴルフを楽しんでいましたが、楽しむだけでなく過ってのシングルプレイヤー復帰を目指してみようか等と大それた事を妄想しています。


 何をするにしても土台となる「身体」が確りとしていなければと痛感しています。

 

 

 

今までは、「治癒して頂きたい」一心で医者通いの合間に、マッサージ、指圧、電気治療、光線治療、

カイロプラクティック、鍼灸、ペインクリニック、波動、果ては気功とありとあらゆるものに頼ってきました。

 

 

 


しかし現在は、治癒して頂くのではなく、自分で治癒す力(本来持っている自然治癒力)を発揮できる身体を自分の力(努力)で創ることが肝要だと信じています。


 これからも、原口トレーナーのご指導を受けながら心身ともに健康で残り少ない人生をエンジョイしたいと念じています。

 

 

 

 

 

 

 「足首、腰痛、背中の痛みが改善し、東京マラソンのタイムも向上しました」

 

 

42.jpg

 

 

昨年2月に9年ぶりのマラソンとして、東京マラソンに参加しました。


東京マラソンの約6カ月前から減量と走行距離を中心としたトレーニングを重ね、  
無事完走することは出来ましたが20Km付近から足首の痛みに苦しみながらの辛く、タイム的にも不満足なマラソンでした。  


  
    
その後、次回の東京マラソンでの好タイムを目標に従来と同様のランニング主体の練習を行っていましたが、


練習中にある程度距離を重ねると足首に痛みを感じ、その原因の特定と改善に悩んでいました。
また、背中の痛みと腰痛のため毎週整骨院に通っている状況で、肉体的に辛い状況でした。


    
そんな状況の中、職場の同僚である佐藤さんから筋力トレーニングセミナー参加の話があり、参加しました。


セミナーの中での筋力バランスの重要性の説明と筋力バランスチェックを受け、筋力トレーニングによる改善が必要で
あると再認識しました。 

 


昨年9月から原口トレーナーによる月2回、猫背の矯正と体の後ろの筋力強化を中心にしたトレーニング指導を受けています。

 


       
 約6カ月間のトレーニングの成果は、   

  
  ① 体の柔軟性の向上     


  ② 姿勢の改善      


  ③ 背中の痛みの改善     


  ④ 腰痛の改善      


  ⑤ ランニング時における足首の痛みの緩和    


  ⑥ ランニングタイムの向上 


 を実感しています。 


  
 実レースでの成果は、先日開催された新宿シティハーフマラソンにおいて目標であった1km/5分のペースで完走することが出来ました。  


    
  また、青梅マラソン30kmでも足首に痛みを感じることなく、無事完走することが出来ました。

 


 現在、3月の荒川マラソンを目標に筋力トレーニングと距離練習を継続中です。
今後も地道に筋力トレーニングと距離練習を重ね、将来はウルトラマラソンにチャレンジしたいと考えています。

 

 

 

 

 

 

 「年齢に関係なく好きなことにチャレンジできる健康な体になれました」

 

 

111.jpg

 

 

私はスポーツとは全く縁のない生活をしていました。

 

自慢できるのは唯一ウォーキング程度。

 


それが50代も後半になってフルマラソンを走れるようになるとは人生最大の出来事としか思えない程の驚きです。

 


40代半ば、今にして思えば更年期障害の始まりだったのですが、突然関節痛に襲われ、

腰が曲がらない、しゃがめない、そのうち筋力がなくなって雑巾さえ絞れない、帳簿がつかめない等の事態になってしまいました。

他の症状が出始めてきて、これは更年期障害に違いないと分かり治療を始めました。

 

  


改善し始めてから、運動することも大事と医者に言われ、ウォーキングから始めました。

ウォーキング協会でしっかり歩き方を学び、10km、20kmと歩けるようになった頃登山の指導者と出会い山を歩くようになりました。

 

 

そんな時いいタイミングでホノルルに行ける機会ができ、「もしかしたらホノルルマラソンに出られるかもしれない」という千載一遇のチャンスが来ました。

 


登山にランニングはいいトレーニングにもなるので8か月間夢中で練習しました。

半分走って半分歩くつもりで臨みましたが、努力の甲斐あって4時間台後半でゴール出来、この上ない感激を味わいました。

 

 

マラソンは1度限りの挑戦であったはずでしたが、あの達成感は忘れられず、体力維持のためにも止めることはないと思って細々続けています。

マラソンは誰にも迷惑かけず自分の意思ひとつで出来るスポーツなので私に合っているのかもしれません。

 

 


しかし5年目、寄る年波には勝てず、あちこちに痛みが来るようになりました。

 

 

特に走ってはなんでもないのに普通に歩くときに股関節が痛み、足裏にも違和感を感じるようになりました。

 

 

 

走るのを止めようか迷っている時だったもので原口さんの「フルマラソン完走のための筋バランス調整法セミナー」の記事を見て早速申し込みました。

 

 

 

骨盤の歪みなど意識したこともなく、個々の筋力のバランスが悪くなってしまっていることを教えていただいてよかったと思います。

 

 

 

「あちこち痛くなるのは歳のせいなどと諦めることはない」と知り、原口さんの「パーソナルトレーニング」を受けることにしました。

 

 

 

3か月間週1回のトレーニングで筋バランスがだいぶ良くなったと言っていただいています。

 

 

先日ハーフマラソンを走って、股関節の痛みを懸念していたのですが全く無く、回復も早かったので効果は大いにあったのだと思います。

 

 

 

今後は、早く走る必要もないので筋力をバランスよく維持していけるようにすることが大切なことと分かりました。

自主トレが出来れば問題ないのですが、やはり外からの刺激がないと怠けてしまいそうなので、原口さんとは長いおつきあいをして頂くのではないかと思っています。

 

 

このトレーニングを受けていただいている間に「骨粗鬆症」の診断を下されてしまったので、ますます筋力のバランスは不可欠になってしまいました。

 

 


若い時にはあり得なかったことが中高年になって出来る、始めることに遅すぎることはないということを実感しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

shutterstock_315104354.jpg